form
豊富な相談実績
写真

平成25年6月末までの相談件数

全国から1341件
イーマッチングとは

経営者の財務専門家を無料紹介するマッチングサイトです。全国対応で登録専門家300人以上の中から適任者を紹介します。

詳細を見る

よくある質問 財務問題別 財務に役立つ知識

・自己破産のメリットとは

・事業再生の進め方

・連帯保証人は奴隷制度

・滞納した社会保険や税金

詳細を見る

銀行からの借り入れ

銀行からの借入方法

民間の銀行から借入れる場合には、大きく分けて5つの借入れ方法があります。

手形借入、証書借入、当座貸越、手形割引、ビジネスローン

の5種類です。

ここでは、特徴と気を付けるポイントをご紹介します。

1.『手形借入』

銀行に借入額と同額の約束手形を振り出して借入れる方法。1年以内の短期借入で一括返済をする

【ポイント】
・季節ごとに折り返し融資などを当てにしている場合は、融資を見合わせされると資金繰りがすぐに悪化してしまうので要注意。
・銀行との付き合い方、自社がどのように銀行サイドに見られているかを確認すること。

2.『証書借入』

銀行と金銭諸費貸借書を取り交わして借入れる方法。1年以上の長期借入で分割返済をする。

【ポイント】
・審査基準は決算書だけでなく、経営者の人的要素も判断基準に入る為、支払条件変更(リスケ)の交渉の余地がある。
・経営計画書や経営改善計画書などを作り、定期的に報告することで、銀行といい距離感を作ることが重要。

3.『当座貸越』

銀行と当座貸越契約を取り交わして、当座預金の残高がゼロでも、一定金額まで資金が引き出せるようにして借入れる方法。範囲内であれば、いつでも小切手を振り出せ、返済も自由。

【ポイント】
・貸越契約を結ぶには、原則として担保の提供が必要で、銀行からの信用がないと契約できない。
・不渡りに備えたい場合などに便利ですが、金利も手形借入よりも高く、なによりも取引先との条件を手形取引ではなく、現金取引に移行できるようにする必要がある。

4.『手形割引』

受取手形を期日前に銀行で買い取ってもらうことで融資を受ける方法。割引枠が設定され、その手形を担保に銀行からお金を借りているのと同じ効果が得られる。

【ポイント】
・手形を振り出した会社の信用状態が良くない場合は、割引できないこともあり、手形の金額とサイトを考慮しないといけない。
・割引枠の設定は1年更新で見直される為、枠が残っていると思っていても、割引ができないことがあるので要注意が必要。
・当座貸越同様で、なによりも取引先との条件を手形取引ではなく、現金取引に移行できるようにする必要がある。

5.『ビジネスローン』

無担保事業者ローンのことで、各金融機関によって金利・限度額・期間などが違く、決算書の2期分で審査が受けられ、申込みから融資まで3日のところもあります。

【ポイント】
・通常融資よりも簡単に実行される反面、返済が厳しくなっても、条件変更の受け入れは厳しい
・融資に際しての保証会社の利用の有無も重要。
・金利が高い為、短期的に借入れ返済する場合には、お勧めですが、長期的な借入は問題です証書貸付での銀行取引に移行できるような、経営基盤にすることが必要です。

どの種類の借入が合っているのか

どの種類の借入が合っているのかを、戦略的に考え、資金調達することが重要です。
イーマッチングでは、資金調達や銀行対策のノウハウをもった専門家を無料でご紹介しております。
ご紹介は別として、まずは現在の状態をお聞かせください。

イーマッチングに相談して良かった
ご相談専門家紹介はコチラ

注目の専門家

事業再生

専門家1

事業再生支援を致します。

詳細を見る

企業再生

専門家1

街の中小企業ドクターを目指す

詳細を見る

事業再生

専門家1

日本中の企業を元気にすること

詳細を見る

事業再生

専門家1

一期一会(人との繋がりを大切にする)

詳細を見る

企業再生

専門家1

再生を通じての雇用確保

詳細を見る

お問合せ無料相談フォーム